「一人で客先常駐が辛い、いますぐ辞めたい」

新卒で入社した新人SEが、すぐに出向させられて客先常駐で仕事をすることがあります。

ただでさえつらい客先常駐の仕事を、スキルも未熟な新人が一人でするというのは正直なところ地獄です。

こんなブラック企業は早く辞めて、別の会社に転職することをおすすめします。

新人SEを一人で客先常駐させるブラック企業は辞めて転職すべき理由

客先常駐はSEの世界では当たり前です。

しかしこれは、企業によってSEが搾取されていることが、当たり前ということなのです。

なぜ新人SEを一人で客先常駐させる企業を辞めるほうがいいのかというと、

  • 社員のことを考えずに、儲けることしか考えていない会社だから

 

です。

IT業界、とくにSEの世界は、多段階の下請けシステムで受注が行われています。

SES(システムエンジニアリングサービス)といえば聞こえがいいですが、まあ体のいい派遣事業が蔓延しています。

客先常駐で稼いでいるシステム開発会社は、はっきり言って昔の手配師と変わりません。

SEを右から左へ派遣して、その手数料で稼いでいるのですね。

こんなブラック企業で働くのなら、転職をしたほうが明るい未来が開けるでしょう。

新卒すぐの若手SEでも転職できる

転職を視野に入れておく

「社会人になったら、3年は我慢して働くべき」とよく言われますよね。

「石の上にも三年」ということわざがあるように、確かに3年間経験を積むとそれなりのスキルが手に入ります。

SEの世界でも、「経験を積むためにとりあえず3年間は我慢しよう」と考えることは悪いことではないです。

ただ、必ず転職を視野に入れながら経験を積んでください。

「3年後には転職する」と割り切って仕事をするのですね。

先のない未来というものは、人間かなりつらいです。

ただ漫然と客先常駐を続けるなら、すぐに転職することをおすすめします。

経験を積もうと考えるなら、将来設計をしておくことが必要になるのですね。

すぐに転職することも一つの方法

「3年間も我慢できない」

と感じる新人SEも多いと思います。

軽い研修を受けた後に、いきなり一人で客先常駐に出向させられるのは、本当につらいです。

もし我慢できないのなら、すぐに転職をするのも一つの方法です。

しかしその時注意したいことは、いきなり会社を辞めることは避けましょう。

まずは客先常駐として働きながら、転職活動を始めてください。

「辞める⇒転職活動」ではなく、「転職活動⇒内定獲得⇒辞める」という順序で進めて下さい。

働きながら転職活動をするとリスクを減らせる

会社を辞めてしまうと、当然ですが無職になってしまいますよね。

無職になるということは、収入がなくなるということです。

収入がない状態は、できるだけ避けなくてはいけません。

しかし転職活動をして、内定を獲得した後に退職するなら、無職になるリスクはなくなりますよね。

まずは今の会社で働きながら転職活動をして、内定を獲得した後に退職するという順序を忘れないでください。

今はSEにとって転職するチャンス

今はSEの需要がとても大きいです。

多くの会社がSEを必要としています。

「新卒の新人SEが転職なんてできるの?」と心配しているかもしれません。

安心してください。

新人SEであっても、転職市場では需要があるので、転職することは十分に可能です。

実は、SE未経験であっても、SEとして

転職することが可能なのが、今の転職市場です。

それほどSEが足りていないのですね。

SE未経験者などは、採用後に社内研修を受講させ、SEとしてのスキルを身に付けさせることを前提に採用されます。

ですので、新人SEでまだまだスキル不足だからといって、転職することは可能です。

新人SEだからと心配しすぎることなく、転職活動をしてください。

第二新卒を有効利用

新卒すぐの新人SEなら、第二新卒を有効利用しましょう。

第二新卒とは、新卒3年以内の転職希望者のことを指します。

この第二新卒者は、一般の中途採用者とは別枠で採用されます。

一般の中途採用者は、そのスキルを重要視されて転職が決まりますよね。

しかし第二新卒者は、その将来性が重要視されて転職が決まります。

今の実力よりも将来性が重要視されるのですね。

第二新卒採用なら、新人SEでも全く転職することに問題はありません。

スキルは重要視されませんからね。

客先常駐先でしばらくは経験してスキルを積もうと考えた場合も、この第二新卒枠での転職をすることをおすすめします。

スキルは重要視されないといっても、もしSEとしてのスキルがあれば採用されやすいことは間違いありません。

経験を積むためにしばらく客先常駐で頑張るときは、この第二新卒での転職を視野に入れておいてくださいね。

客先常駐で働きながら転職活動できるの?

客先常駐先で、かなりの残業をさせられることがあります。

こんなときは、なかなか転職活動をする時間がありませんよね。

しかし今は、スマホで転職活動ができる時代です。

夜や休日、通勤時間などを有効活用すれば、転職活動をすることは十分に可能です。

まずは、転職サイトに登録することから始めてください。

たった数分で登録できます。

最初は、SEの求人をいろいろと検索するだけでいいです。

たくさんの求人があることが判るはずです。

まずは、転職活動を始めることが大事です。

行動しなければ何も変わらないので、まずは行動することから始めましょう。

社内SEの会社に応募しましょう

転職してまた客先常駐に出向させられたら、転職をした意味がありません。

社内SEの会社に応募することをおすすめします。

社内SEの会社すべてがホワイト企業といいうわけではありませんが、手配師のような会社でないことは確かです。

客先常駐やSES(システムエンジニアリングサービス)の会社は避け、社内SEの会社を中心に求人を調査してください。

転職エージェントも活用

転職サイトだけでなく、転職エージェントも活用しましょう。

本気で転職するなら、転職エージェントを利用するととても便利です。

その際は、しっかり社内SEの会社を希望していることを伝えてください。

こちらの希望をしっかりと伝えることが大事です。

「忙しくて転職活動をする時間がない!」というときでも、転職エージェントならいろいろな手続きを代行してくれます。

「転職サイト」と「転職エージェント」をうまく使い分けて、社内SEのホワイト企業へ転職してください。

できるだけ早く新人SEを一人で客先常駐させるようなブラック企業から抜け出して、しっかりとした社内SEとして活躍してくださいね。